MENU

モテない男はこんな人!女性に好かれない男性とは?

もてようとがっつくあまり、相手の話を聞かない

女性とのトーク場面になると、無言に耐えられないのか、緊張を紛らわすためか、1人でしゃべり続ける男性がいるようです。しかしそれは高確率で女性を退屈させます。何を話そうかどう話そうか、男性側は必死で考えてきているはずですが、もしその話題が女性の感性に合わなければ相手を辟易させるだけですし、好感度はどんどん下がっていきます。人気のある男性というのは、スマートに女性の話を聞くものです。

 

まずは女性の話を真摯に聞き、共感や同調を表現しましょう。がつがつと自分をアピールするのではなく、女性の言葉を引き出すようにすれば相手も気分は悪くありません。女性だって自分の話を聞いてもらいたいのですから、相槌を打って聞き上手になれってあげれば、トークは盛り上がっていきます。

 

モテたいとがっつく姿は、隠していても丸わかりです。

 

自分をかっこよく演出しようと頑張りすぎて、やたらキメキメな服装をしてしまうなど…それでは女性からの好感は得られないのです。女性に対してがっついているとバレてしまう…そんなのスマートではないと思いませんか?

 

女性を引きよせる男性というのは、気取らず自然体でオシャレやモテ仕草を披露しているものです。当然、かっこいい自己演出や、人目も気にすることもほとんどないのです。努力すべきなのは、自分を飾ることではなく、ありのままの自分を好きになってもらうこと…男性陣はこれを心がけてください。

 

嗅覚的NG

女性が男性を遠ざけるとき「清潔感がない」というのも大きな理由になります。不潔であるということが、女性からの評価をうんと落してしまうということに、気付いていない男性は多いのではないでしょうか?

 

不潔さの中でも、特に匂いというのは、女性に遠巻きにされてしまう原因として非常に大きなものです。女性の嗅覚はとても優れており、男性が気にならないようなわずかな体臭もすぐに察知して、気になってしまうのです。

 

男性が発する体臭に女性は強い不快感を催すので、その臭いの発生源になっているような男性は恋をする相手として見てもらえない可能性が高いです。清潔感を求める女性に好かれるには体臭のないさわやかな状態を死守し、いい匂いを維持することが重要です。

 

格好がNG

顔面や細かな髪形を気にするあまり、そもそものファッションや清潔感をないがしろにしていませんか?もてたい気持ちが先走るばかりで実を結ばない男性は、首から上だけを重視しすぎて、ファッションやそれに付随する清潔感を見落としている場合が多く見受けられます。

 

ファッションセンスは生まれ持ったものもありますが、雑誌やモデルを参考にするなど勉強でカバーすることができます。しかし清潔感は日々の積み重ね。上記のように女性は匂いや清潔感に敏感であり、それはそのままもてる要素へ直結します。不衛生さ全開でボロボロの足元や、異臭を発する服…そんなコーディネートの男性が女性に好かれるはずがありません。まずは清潔感を身につけることを考えましょう。

 

暗い考えがNG

暗いオーラをまとっていてネガティブな発言が目立つ…こういった男性も女性から好意を抱かれにくいです。後ろ向きな発言が多い男性と一緒いれば、女性も気分が滅入ってきて、ネガティブな考えに染まってしまいがちになります。これでは到底、そばにいたいとは思ってもらえません。

 

また、女性が恋愛する相手に求めるものとして、男性らしい活力や頼もしさが高確率であげられます。暗さやネガティブさはそれに反しており、男性を小さく、弱くみせてしまいます。それでは恋のお相手に選ばれないのは当然です。それどころか、ひ弱さはどこか女性的な印象を与えてしまうので、男性としての魅力を感じてもらえなくなるのです。

 

積極的じゃない態度がNG

女性に対してがっつかない、草食系男子や絶食系男子がもてると思っていませんか?確かに彼らのような男性を好む女性も一定数存在します。しかしもてる草食系男子、絶食系男子というのは見た目が良いというプラス要素を持って生まれた限られた人達です。

 

イケメンでも男前でもないのに、女性に対して消極的。自分は草食系だからと女性にアピールしない…それでは女性から好かれるはずがありません。

 

男性が好意を見せてぐいぐいアプローチしてくれば、女性だって嫌な気はしないものです。その一歩が踏み出せない男性は、黙っていても女性が寄ってくるような魅力的な外見でもない限り、もてることはないです。

 

顔の理想が高い

女性や恋愛に過度な期待をしている男性も、女性に好かれにくいでしょう。過度な期待というのは極端なこだわりと考えることも出来ます。こだわりの強い男性は、恋愛相手の容姿や内面の良し悪しに高い基準を設定しており、それを下回った時点で即対象外…と考える場合も少なくありません。

 

女性に対してそれだけの理想を押し付けているのですから、嫌厭されることも多いのです。高い理想を掲げるのに納得してもらえるだけの容姿やスペックでもない限り、自分のことは棚に上げて…と嫌われる可能性は拭えないでしょう。

 

お金に細かい

お金に細かい…いわゆるケチな男性は、女性に嫌われるタイプとしてとりあげられることが多いです。細かい金額に執着する姿は、心の狭さやみみっちさが透けて見えてしまい、女性にもてるとは言い難いです。

 

女性と一緒なのにためらわずにサービス券を使う、細かすぎる割り勘を要求する…これらはもはや女性の心を遠ざける定番中の定番行動といわれています。女性をエスコートしたり楽しませることよりも自分の損得が前に来ているのが見え見えです。男前な広い心が感じられないので、女性はいい顔をしません。

もてない男性がの持つ間違った考え

自分がもてないのは顔のせいだと思っている

女性に距離を置かれる男性にありがちな考えは、容姿が良ければモテるというもの。実際には、お世辞にも外見が魅力的と言えなくても女性に好かれている男性はいます。しかし非もて男性はそこを突かれると、体型・頭髪・身長など…外見の非もて要素を並べたてます。

 

しかし考えてみてください。私たちは全員、男女が結ばれたうえで生まれてきているのです。

 

どれだけ先祖をさかのぼっても男性は必ず女性という伴侶を得て子供を成しています。母親がいないのに生まれてきた子供などいないのです。いくらもてないと思っていても、少なくとも確実に1人の女性を引き寄せることのできたご先祖様のDNAを受け継いでいるのです。それなら自分にだってもてる素質はあるはずです。

 

確かに容姿がいいというのは男性としてかなりのプラスポイントでしょう。女性に好意を抱かれる大きな要素ですし、良いか悪いかで言えば容姿が優れている方がいいはずです。しかし元が美形ではなくても、容姿を向上させることはできます。努力で変えられる部分は変えればいいのです。眉を整える、自分にあった髪型を見つける。これだけでもだいぶ印象が変わります。だらしない体型はダイエットをすれば誰でも引き締まりますし、服装に気を使うことも大切。

 

それらは全て実行済み!ということでしたら、自分の演出の仕方を変えてみるのはいかがでしょうか?自分の思う自分の魅力と、人が感じている魅力的な部分は案外違うものです。男性が期待されているのは、容姿も含めた総合的な魅力です。容姿というのはワンポイントに過ぎないのです。

 

オタクは嫌厭されると思っている

最近ではオタクを隠さない女性も増えていますね。また自分がオタクではなくても、それらを受け入れる準備をしている女性も多いようです。これらのことからも分かりますが、アニメ・漫画・ゲームなど…オタク趣味を持っているともてないという考えはもう古いのです。

 

昔にくらべ、ゲームをプレイする女性も多くなってきています。女性もゲームの内容についておしゃべりしていたり、読者モデルなどの有名人がオタク女子!なんて話もよく聞かれます。こういった女性が確実に増えているのですから、オタク的な性格や趣味を持っていることは非もて要素とは言えないのです。

 

実際問題もてていないという声が聞こえてきそうですが、その場合はオタク趣味より、まず己を見直してみる必要があるでしょう。自分はオタクだからもてるはずない…と引っ込み思案になってしまっていませんか?恋をすることに積極性がなければ、もてなくなってしまうのは当然ですよね。オタク要素のある趣味は、決してマイナス点ではありません。一見そういった趣味に興味がなさそうな人でも、勇気を持って接してみることが大切です。

 

恋人の有無は関係なし。自分の魅力だけを伝える

男性の中には、女性を好きになったのに、その彼女に恋人がいるからと恋を捨ててしまう人もいます。諦めるのは選択のひとつでもありますが、好きになったのならアプローチした方がいいに決まっています。

 

顔も知らない彼氏に気を使う必要があるのでしょうか。彼女が既婚者で略奪しようというのなら二の足を踏むのも分かりますが、まだただの恋人同士であるのなら、ぐいぐい迫ってみてもいいと思いませんか?

 

恋人の存在があっても、最終的に誰と交際するのか決めるのは女性なのです。現在の恋人の方が、自分より以前に彼女と仲良くなった…そう思えばいいでしょう。交際したいと思ったということは、彼女との会話が弾み、相手もあなたを憎からず思ってくれていると感じたからではないですか?それなのに恋人がいるだけでシャッターを降ろしてしまうのは、あまりにももったいない話です。

 

ただ恋人のいる女性に、軽い言動や態度を見せていると幻滅される可能性もあります。男性は多くを語らず、静かに好意を示していれば、そのよさをちゃんと理解して好意を返してくれる女性が現れることでしょう。

 

しかし、多くを語らない男性の魅力を女性に分かってもらうのに、スピードを求めることはできません。言葉や接する機会が少なければ、すぐに自分を理解してもらうことは難しいです。軽口を叩きすぎるのもマイナスですが、少しは自分をアピールする言葉を発することも必要でしょう。

脱・非もて!彼女をゲットするには

ポジティブになる

恋人が欲しいのなら、欲しいという消極的な考えではいけません。彼女をゲットするというポジティブな心を持ちましょう。アニメや漫画のように、理想の恋人がある日突然目の前に現れる、なんてことはあり得ないのです。女性に声をかけ、好意を持ってもらえる機会を増やさなければ、恋人はゲットできないでしょう。

 

出会いやチャンスというのは、自分で作っていかなければいけないのです。びびっと来た!なんて話も聞きますが、その感覚が一生訪れない可能性だってあるのです。低い確率にすがるより、必死に動けば運命だって引き寄せられるかもしれません。何もしなければ何もないまま。ポジティブな気持ちで歩き続けていけば、女性と接する機会もチャンスも多くなっていくはずです。

 

女性との会話に耐性を持つ

女性と話した経験に乏しいと、女性との会話が上手くいかないことが多々あるようです。恋人が欲しいのなら、まずは女性と自然に話ができるようになることが重要でしょう。女性を前にすると口が回らなかったり、強張ってしまったり…会話が成立しないとなると恋人を作る上では極めて不利です。

 

まずは知人や顔馴染の女性と話してみるのはいかがでしょうか?なるべく自分と女性、2人だけで会話するのが理想的です。素直に恋人が欲しいことを告げて、恋人を作るための改善点など、アドバイスをもらうところから始めるのがいいのではと思います。

 

とにかく女性との会話に耐性を付けることが第一です。恋の話なら女性も興味を持ってくれやすいと思いますし、自分自身のことや悩みを話せばいいので話のネタがなくなることもなく、長く話すことができるはずです。

 

もし女性と接する機会がないという場合は、婚活パーティなどに繰り出すのも手です。ここで恋人がゲットできれば万々歳ですが、女性との会話に耐性を付けたい、と同じ思いで参加している人がたくさんいるので安心してください。いきなり知らない女性の中に飛び込むのは勇気がいると思いますが、もし上手くいかなくても、それを気にする必要はないのです。失敗を繰り返すうちに、恋人を作るという目標に一歩ずつ近付いていけるのですから。

 

諦めない気持ち

女性と会話をしたとき、盛り上げることができなくて心が折れてしまった…そんな経験はありませんか?しかしそんなに気に病む必要はないです。フィーリングが合う人もいれば、フィーリングが合わない人だっていくらでもいます。色々な人と話してみてなかなか会話がかみ合わないと、自分が原因だと思ってしまうのも分かります。しかしたくさんのカップルがいる中で、彼女彼らは全組フィーリングも会話もがぴったりなのでしょうか?

 

結論としてはそんなことはないはずです。恋人持ちと恋人がいない男性の差としては、女性と会話してきた回数や女性との会話のスムーズさが挙げられると思います。女性の喜ぶ話題や話し方、自分のアピールの仕方など…女性と会話してきた頻度が高い男性は、それらを情報としてインプットしています。フィーリングがぴったりじゃなくても、まあまあ合う…それでも交際を始められるのが恋人のできる男性なのです。

 

これまで女性とあまりは会話してこなかったり、機会がなかったという人。今からでも遅くないので経験値をどんどん積むことが大切!恋人のできる男性との差は、経験しないと縮まらないのです。そしてフィーリンがぴったりでなくても、少しでも合いそうな女性を見つけられるようになることが重要なのです。

 

経験値がたまるまで、上手くいかないことが多いでしょう。それでも諦めず、前に進んでいこうとする心が大切です。

 

恋人候補を作るため、とにかく動く

恋人候補というと大袈裟ですが、ひとまず女性の友達を作ってみましょう。家から出て積極的に婚活パーティや食事会などのイベントや集まりに参加する。女性じゃなくても新たな男性の知り合いができれば、その男性繋がりで女性と知り合える可能性も高いです。人との繋がりを多く持つことは、それだけ恋人を作るチャンスを増やすことになります。女性の友達を得るには、女性に的を絞るのではなく、広く人と付き合っていく必要があります。

 

友達は男性ばかり…という男性こそ、女友達を作っておいた方がいいです。行動が実を結んで恋人をゲットした際、もてて来なかった男性は迷うことが多いでしょう。そこで的確な言葉や指示をくれるのはやはり女友達なのだそうです

 

軽口を叩いて会話ができ、悩みも打ち明けられるような女性の友達は、恋人をゲットする際にも重要な役割を果たしてくれるはずです。恋心を抱く、抱かないは別として、友達に女性がいるというのは重要であるといえるでしょう。

 

最後に

非もての男性はときとして「浮つかずに勉強をしっかり頑張ってきた」「女性との付き合いに魅力を感じない」なんて主張します。しかしそれは本当に本心なのでしょうか?本当に恋人なんていらないと心から思っているのでしょうか?もしかしたら恋のきっかけを上手く掴めなかったことを、そんな言葉で取り繕っていませんか?

 

もててこなかった男性は、せっかく訪れた恋を上手く扱えずに、チャンスを逃してしまうことが多いようです。恋や恋人との付き合いは、経験を積まなければ学ぶことはできません。本当に好きな女性に出会ったときに恋を実らせるためにも、経験や努力は必須です。

 

これまでの経験は関係なく、女性に好かれる男性になることは誰でもできるのです。そしてそれは難しいことではありません。ここまでお話ししてきたことが、少しでも皆さんのお役にたてば幸いです。