モテる男 方法

まるで【お姫さま】であるかのような【特別】な演出

女性と中を深めたい…そんなとき重要になるのは、まるでお姫さまのような気持ちにさせてあげることです。つまりは特別な存在なのだという演出です。

 

好かれる、将来を考える…そんな男になるには、この特別感が不可欠なのです。

 

お姫さまのごとく特別な扱い。それを見せてくれる男性に女性は強く心惹かれます。

 

モテる男がやっている女性への演出方法!

 

さて、上記を見ただけでは、ピンとこない方も多いと思います。最終的にもてはやしてほしいだけか…そんな風に感じてしまうかもしれません。

 

しかしそうではないのです。特別感とは、女性をもてはやしたり褒めちぎったり、ましてや本当のお姫さまのように豪華絢爛なデートをすることではありません。

 

他の女性たちと同じような十把一絡げの対応ではなく「あなただけが特別なのだ」と示すことが大切であり、それが伝わるように行動することが求められるのです、

 

伝わるように動くのは非常に大切です。

 

どんなにあなたが一人の女性を大切に思っても、彼女がそれに気付いてくれなければどうしようもないのですから。

 

特別な人として交流を重ねれば、丁寧に対応されていること、大事に扱われていることが印象に残るでしょう。
そういった印象は【恋人になっても大事にしてくれるかも】という安心感につながります。

 

男性が自分にどのように接するか、大事にされるか…それはとても大きなポイントなのです。自分に接する男性のわずかな態度の差も敏感に感じ取り、より自分を慈しんでくれる人に、女性は気持ちが傾いていきやすいです。

 

こういった女性の扱いの長けているのが、欧米の男性陣です。

 

基本的にすべての女性に対してジェントルマンではあります。ただ好意を寄せる女性にはナチュラルに特別を演出できるのです。当たり前に、そしてストレートに「あなたは特別だ」と体現するのです。

 

彼らに好意を寄せる日本人女性が多いのには、もちろん憧れのスターのように素敵な顔立ちやスタイルも関係しているでしょう。

 

しかし上記のような「中身」も大きな要素なのです。スマートにこなしてみせる、お姫さまのような特別な扱い…モテるのにはそんな要素があるのです。

 

習慣や国民性はそれぞれですから、日本人男性に同じことを求めるのは少々酷かもしれません…が。

 

それはつまり、欧米人男性のような所作を身に着けることができれば、日本では一つ抜きんでて素敵な男性になれるということです。

 

一般的な女性の意見として「周囲の女性に冷たく接する男性は嫌。だけど自分は、ちょっとでいいから特別でありたい」なんてものがあります。

 

その心としましては…

 

女性みんなに優しくあってほしい。
自分だけが蝶よ花よと愛されて、あからさまな特別待遇は体裁が悪い。

 

といった気持ちがあります。

 

そして最終的な結論は誰にでも優しく接しつつ、自分にちょっとだけお姫さま気分を味わわせてとなります。

 

少々難しい注文だと思いますよね。しかしこれが紛れもない真実なんです。

 

 

非・モテ男!やりがちな失敗

上記のような意見を聞いて「わがまま」「自分のことしか考えていない」「男は都合のいい召使じゃないぞ!」なんて思った方もいるでしょう。

 

残念ですがそれは、非・モテ男の思考回路です。

 

こういわれるとさらに「だから女が調子に乗る!」と言い返したくなっていませんか?

 

しかしそれは間違いです。女性だって、そんな浅はかで短慮に有頂天になったりはしないのです。

 

女性に好かれる男性は基本的に、うがった見方をせず、ストレートな思考や行動をとります。

 

求められているものがあるなら、与えてあげよう。それで女性陣や、意中の彼女が振り向いてくれる、モテるようになるならば!

 

大よそこういった思考があるのです。

 

最終的な結果である「モテる」「意中の女性に好意を持ってもらう」という状態のために、最大限効果的な過程を踏むのです。

 

しかしその過程の部分を「そうまでしてモテなくても…」「そうまでしなきゃモテられないなら…」と拒否する人もいます。

 

ごく一部の例外を除いて、そんな男性はモテません。当たり前です。モテるための方法を自ら拒否して、モテ男への道を自ら閉ざしているのですから。

 

いってしまえば、モテるための過程をすっ飛ばしてるわけですよね。モテる男性と同じことをすれば、モテる可能性だってあるのに。

 

過程を無視したり、わがままな女性は嫌だ…これらの明言が許されるのは、モテるというフィールドに立ってからです。

 

あなたがモテてさえいれば、女性を吟味して選ぶことだって可能なのです。モテるあなたは嫌いな女性を振って、好みの女性を伴侶にしてください。

 

女性のわがままを叶えるモテ男になってしまえば、例えあなたが女性の好意をあしらったとして、女性にとって悪い思い出にはならないでしょう。

 

恋をした男性が受け入れてくれなかった。あんまりにも酷い振り方でもしない限り、これくらいの出来事で男性が悪人になることはないのです。

 

彼女にはなれなかったけど、好きになってしまうような男性であることに変わりない。女性はそう整理を付けます。

 

ちなみに個人的に女性の要望は、わがままがとは違うと思っています。

 

何故かといえば、それは要望というより希望に近いからです。そんなうまい話はない…と思いながらも、夢見ている。それが実際のところだからです。

 

モテてもいないのに、女性を選定するような真似はよしましょう。それではどんな女性もあなたに好意を抱きません。

 

大雑把にいえば「自分を好きな女性を増やす」ことで、女性の選択肢は広がります。

 

多くの自分を慕う女性の中から、自分も好きな相手を選ぶ。これがモテる男性だけができる、モテ男のテクニックなのです。