女性 脈なし メール

今回は男性が女性に対し脈ありだと勘違いするサインを紹介!

一般的に見て女性からの脈ありだと思っていた行動が実はただの思い違いだったりということもあるので、そういった赤っ恥対策として紹介していきます。

 

女性からの脈なしメールの見極め方!脈ありって勘違いは避けよう!

 

男性から見て脈ありに見えて実は脈無しのサイン

近代はメールでやり取りするよりも、LINEを使用してやり取りしている方が多いでしょう。

 

女性と連絡する際これって脈ありなのか?もしくは脈無しなのか?戸惑ってしまうシーンが多々あることかと思う。

 

自分が思いを寄せている女性に対しては、特に意識してしまう事だろう。

 

恥ずかしいのは、脈無しなのに、脈ありだと勘違いしてしまったといった場面。

 

そのようにならない為にも、一見、脈ありに見えるが実際は脈無しだったといったシーンを紹介していく。

 

好きな人の相談をされた時

 

「今、彼女いるの?」

 

「男性ってどんな子がタイプなの?」

 

恋愛系の質問をされると、「もしかして、俺に気があるのかな」なーんて、大概の男性は、心の中でチラッと頭によぎることがあると思う。

 

がっしかし、実際は全然違って、ただ聞いてほしかっただけといった場合もある。

 

女性の習性で、聞いてほしい話題がある場合、まずは相手にその話を投げかけることがあるから。

 

女性から、コイバナや恋愛の相談をされた場合、「あなたはどうなの?」と聞き返して欲しかったといいう場合もあるということ。

 

女性自身が自分の恋愛話をしたいから投げかけてきているという可能性も少なくないと考えておこう。

 

だから、そういった類の話をされた場合、「あなたはどうなの?」と聞き返してみるのがオススメ!

 

▼返事次第では実は脈ありだったといった場合もある!

 

反対もありえる。「付き合っている人いないの?」と質問してみよう。

 

男「付き合ってる人いないんだ」

 

女「恋人が欲しいな〜」

 

と回答が来た場合は、脈ありサインが半分になる。

 

話を聞いてほしいだけだった場合と、あなたに対し気が合って言った場合の半分・半分ということ。

 

「今は恋人より○○に夢中で〜」そんな回答が返ってきたらほぼ脈ありは考えられないだろう。

 

“ラインの返信が早い=脈ありというわけではない

 

むろん、好意を抱いている男性からの連絡に返事が早いからと言って脈があるわけではない。

 

返事がゆっくりである場合も、脈無しサインの時もある。

 

でも、好意を抱いている男性以外からの連絡の場合であっても、その人の性格の問題で早く返信するタイプだったということも考えられる。

 

LINEの返事が早いからといって、それだけで脈ありととらえるのは大きな間違い。
なので、LINEの返事の時間で脈ありか脈無しかは決められないということ。

 

ラインの返事が好きな相手だから早く送る。という女性もいれば、反対に好きだからこそ言葉を選んで時間がかかってしまう…といった女性もいると知っておこう。

 

▼返事が遅すぎる、もしくは未読や無視される場合が多い

 

ちょっとした会話にも関わらず、返信があまりにも遅すぎるのは脈なしサイン。

 

未読や既読してないが続けば、残念ながら、脈なしと捉えても良いです。

 

気のある男性には、たとえ忙しかったとして、遅くなっても返事を返したいと思うのが女心だから。

 

それでも、この彼女を振り向かせたいと思っているなら、彼女の心を揺さぶるようなラインを送ってみても良いかも。

 

会話の流れで質問された場合は一概に脈ありと捉えるのは危険!

 

脈があるのかととらえがちの女性からのラインだが、「相手から質問された場合は、脈ありと捉えがち」と心を躍らせる男性。でも、ちょっと待って!

 

むろん、意中の彼のことを探る為に聞いてくる人もいます。

 

でも、話の流れから質問してきただけといった場合もある為、要注意なのだ。

 

▼何も聞かれなかった場合脈無し

 

LINEでのやり取りで、自分からばかり聞いているとあまり興味がないといった場合も考えられる。

 

残念だが、あまり相手はあなたに興味を抱いてないと捉えても良いでしょう。

 

▼相手と上下関係がある場合は特に注意が必要!

 

職場などで、男性が上司、女性が部下といった場合、相手に遠慮してる場合もあり得る。

 

女性からアンケートを集計したら、あまり気に入らない相手からだとどうすればよいかわからないが、とりあえずは続けておくといったケースも少なくなかったです。

 

会話が途切れないからといって脈ありとは限らとない

 

一日に何通もLINEのやり取りが続いたら、「好意を抱いてない相手とはこんなにLINEが続かないのでは!?!?」と捉えちゃったりしまうもの。

 

だからといって、脈ありだとは限らない。

 

実際、女性は脈ありの相手と会話が続くように必死になるもの。

 

でも、単純におしゃべりが好きで会話が続いただけだということも十分にありえる。

 

LINEが続いてしまって、終わるきっかけを見失ったといった場合も考えられる。

 

LINEが途絶えないといっただけでは、脈ありと判断することは難しいと考えておこう。

 

▼でも、3日たったあとで連絡を取ることができたなら話は別!

 

仕事を続けないといけなくて3日連続で連絡を取ることができなかったといった場合は、また話が変わってくる。

 

相手が話を続けたかったのに続かなかったといった場合は、話が変わってくるのです。

 

自撮りや写メはSNSのような感じで送っている場合も考えることができる

 

女性が自撮りを送ってくる=自分のことを知ってほしい=それってもしかして俺に気があるのではないか…?

 

残念ながら、あなたにそんな気があるわけではない。

 

今日は髪を綺麗に巻けた♪メイクを変えて誰かに見てほしい♪

 

SNSで呟くのは誰かに見てほしい、聞いてほしい!

 

そのような欲求の行き場所が、”たまたまあなただった”ということ。

 

むろん、簡単に自撮りを送ることは考えられないが、脈ありと判断するのはまだまだ基準が甘いと思っておこう。

 

▼自分の自撮り写メを送るのはbad!

 

相手が自撮りを送ってきたからと言って、自分も自撮りを送るというのは辞めよう。

 

好意を抱いている相手なら良いけれど、それ以外の相手なら辞めておこう。

 

せめて、複数の人が写っているものにしてほしい。

 

LINEのスタンプ連打は単に使ってみたいから

 

女性は男性のようにスタンプで感情を表現しないタイプもいる。スタンプの連打も自慢したくて送ってるだけといった場合も考えられる。

 

あまり、良いスタンプでない場合、今、「あなたの相手できないの」といったサインの場合もあるので注意が必要。

 

▼返事が億劫な時に使われる場合もある

 

相手との会話に疲れたり億劫になってしまった場合、スタンプの連打で返す場合もある。

 

デートの後のメールは礼儀と考えよう

 

「またお会いできるのを楽しみにしております。」

 

「あなたとお会いできて良かったです」

 

「ぜひ誘っていただけますか?」

 

など食事帰りのメールはただお礼を言いたかっただけ。

 

むしろ、食事の後にメールがこなかった場合は、非常識な女か、相手に興味がないといった場合なので早急にサヨナラした方が良い。

 

▼次回の日程と待ち合わせの日取りを取った場合

 

お礼のメールは礼儀ですが、

 

「次回はこんなところに行きませんか?」

 

「○月○日予定はいかがでしょうか?」

 

など、女性の方から連絡を取った場合は脈ありと捉えて良い。

 

今回のあなたとの食事が印象的だったということが考えられる。

 

誉めるのは会話に戸惑ってしまった為

 

女性同士の話の流れで「かわいい」と連発してるのは耳にしたことがあると思う。

 

会話に戸惑ってしまった時に、とりあえず聞いておこうと思うのは普通の話。

 

誉められて嫌な気がする人はいないでしょう。

 

むろん、心から誉めている場合もあればそうでない場合もあります。

 

▼相槌をたくさん打つ女性にも注意が必要

 

「そうなの〜?」、「へぇ?」とかの相槌も相手に使うと効果が大きい。相槌を打った後に相手から返ってきたら良いけれど、ただ相槌を打ち、返ってきたら脈無しのサイン。

 

私から誘うわね=誘わないで

 

まず、デートに誘ってみて

 

「ごめ〜ん!最近忙しくって!時間のある時に私から誘うわね〜」

 

なんて、返事が来たことはないだろうか?

 

これは、完全な脈無しサイン!

 

もしも、好意を抱いている相手だったら、

 

「その日はできないけど、この日ならできるのでこの日はどう?」

 

と代替え案を出してくるから。

 

残念なことに「自分から誘ってみる」といった一文には「なのであなたからは誘わないでね」といった思いが潜んでいる。

 

▼「また、連絡させていただきます」も脈無しサインの一つ

 

ラインを続けてみて、「今度連絡します」と言われたら脈無しサインであることが多い。

 

連絡が来る確率は低いことでしょう。

 

極稀に連絡がくる可能性もあるのですが、今の女性の中には連絡が取れない場合もあります。

 

ハートマークは、(笑)と同じような感覚

 

ハートマークは完全に脈ありと捉える男性も多いと思う。

 

でも、女性からすると「(笑)」を使う感覚とあまり差がないんです。「語尾が寂しいのでなんとなくつけてみよう」といった程度にしか考えてない可能性が高い。

 

ハートマークがついているからといって期待してはいけない。

 

▼計算高い女性といった場合も

 

自分を良く見せる為にハートマークを使用する場合もある。

 

アナタに良く見せたいといったサインの一つでもありますが、そうでない場合も多々ある。

 

いい男なら女性の心を紐解きリラックスさせよう

ラインに限らず普通の女性からしたら「脈ありかも!好きな子と両思いになった!」と勘違いしてしまう場合もあることと思う。脈無しを脈ありへと考えを変換させよう。

 

返信したくなるLINEのトーク術!ベスト7!

意中の女性からLINEの返事がなかなかこない!

 

それは、あなたのLINEに胸キュン度が足りていないからかもしれない。

 

そこで、今回は女性の方から返信したくなるようなラインのトーク術をまとめてみた!

 

魅力的なLINEのテクニックで上手に心を操ってみよう!

 

女性からの脈なしメールの見極め方!脈ありって勘違いは避けよう!

 

男友達からきたLINEでドキッとするLINEは?

LINEの返事がときどきいい加減な女性っているよね?

 

そんな女性が相手であると、たくさんの男性が返信を待つことができず焦ってしまうことがないだろうか?

 

でも、相手からの返事が来ないのは、あなたの方に問題があるのかも!

 

今回は、連絡のやり取りにルーズである女性の7個のラインのテクニックを紹介したい。

 

変わったテクニックを駆使してみよう。

 

その@.「それはこの前に、好きと言ってたやつだよね?」
女性は自分の言ったことを案外覚えているもの。

 

だからこそ、わずかなことでも覚えていてくれてると嬉しいものなんです。

 

文章だけでも効果的だが、ここで、さらに写真を掲載させると印象も抜群になる。

 

その2.「どうしたの?俺で良ければ聞くけどどうした?」
マンガやドラマでよく耳にするフレーズ。実際にこのフレーズを聞いてみたら、女性は頼れると感じあなたに一目を置くようになる。

 

同性に相談しづらいようなことでも、あなたになら心を開いて相談してくれるでしょう。

 

相手が気落ちしている場合や、物思いに老けている場合には、このフレーズを使ってみて。

 

その3.「家に無事に帰ることできた?」
残業や飲み会で帰宅が遅くなることもしばしばあると思う。

 

そのような危機的な状況でLINEが送られてくると、顔が見えなかったとしても案外ほっとするものなんです。

 

さりげないひとことだが、その言葉が案外心に響いてくる!

 

その4.「今日はいつもよりも元気がないけど大丈夫?」
「どうしてわかるの!?」と1分ほどで返した経験が僕にもある。

 

ここで、いつもとの違いを話すことができたなら上出来です。

 

意中の彼女がいつもと違う雰囲気を醸し出していたら、まず送って欲しい一言!

 

女性からすれば、しっかり”自分のことを気にかけてくれている”といったサインになる!

 

その5.「そのままでいいよ」
女性は案外、自己肯定感が高くなかったりする。そのような時、このような囁きをLINEでかけてもらえると、背中が押されて、案外前向きな気分になれるもの。

 

実際悩んでいる女性だと、ありがとうと返事を返してくれること間違いなし!

 

逆に自信を無くしてしまった女性だと返事が遅くなってしまう可能性があるので注意してほしい。

 

その6.「そんなところが意外に可愛いよね」
相手女性は「そうなのかなー?笑」と照れてしまうもの。
照れスタンプをたくさん押してくる可能性が高い。

 

その7.「今気になっている人いるの?」
このようなラインが届いたら、「どうして?笑」とすぐに返したくなるもの。「どんな人?」とまで、突っ込んでまでも聞きたくなってしまう。

 

詮索しようとしたらキュンとしちゃいます。

 

どうして?と聞かれたら、若干、濁して答えてみましょう。

 

女性がどきっとする分、関係性が薄いとなおさら引かれてしまうので注意が必要です。

 

連絡をスムーズに取ることができると相手との距離もぐんと縮まる

返事にいい加減な女性でも、このようなラインがくるとどきっとしてしまうもの。言葉は言ったもの勝ちです。

 

相手の女性の性格やキャラに合わせてみる。そして自分の普段のキャラに合っているなどを加味して判断してみよう。

 

ラインのやり取りが増えることによって、相手との距離もぐんと縮まる!